店長あいさつ

こんにちは、店長の田中です。

農家の方々が丹精込めて生産した果実をご紹介いたします。

契約農家さんのファンが沢山誕生する事が、一番の願いです。
是非応援よろしくお願いいたします、

 
お知らせ
2019/07/06初めて注文される方へ(必ず読んで欲しいと思い書いています)
沢山のご注文を頂き本当にありがとうございます。
農家さん共々感謝しております。


また、私の体調不良により、注文処理が追いつかない状況を招いている事をお詫びいたします。
(※5月末に追突事故にあった様子は、農園レポートをご覧下さい)

今年は新規のお客様からも沢山のご注文を頂いており、感謝しております。
その中で、疑問質問等を多数頂いている事にお応えしたいと思います。

 

1.甘いですか?


農家さんが箱詰めする桃に、1玉1玉に光糖度センサーをあてる事は不可能です。
また光糖度センサーなどは高額なので、農協の供選所単位で導入する事が現実的だと思います。

糖度13度以上でプレミアム!エクセレント!

と云ったキャッチコピーを目にした事もあるかと思いますが、農協の供選所から桃を調達していれば可能になるかもしれません。

しかし、生産者が誰なのか知る術はありません。30代の若手かもしれませんし、90代のおじいちゃんが生産した桃かもしれません。

しかし、糖度という基準は明確にクリアする事が出来ています。

弊社の農家さんの平均糖度は農園レポートなどをご覧下さい。自信があるので農家さんも私に見せてくれますし、私も農園レポートなどでお見せしています。

三枝さんの農園レポートはこちら
田草川さんの農園レポートはこちら


弊社では、1玉1玉にセンサーをあてて測っていませんので、糖度の保証をする事は出来ません。

農家さんの目で甘い桃を選別しています。


農園レポートなどを見てもなお、糖度に関して不安な場合には、農協から買い付けて販売している会社からお買い求めください。

 

2,贈答用と贈答用大玉の違いは何ですか?


贈答用大玉は2kg箱で6玉の大玉、贈答用は2kg箱で7〜8玉の中玉サイズになります。

昨年までは、ずっと贈答用6〜8玉で販売しておりましたが、発送する桃の殆どは6玉以上のサイズで発送しておりました。農家さんもその品質を維持し続けてくれていました。

6玉サイズの確保が難しくなりそうになると、「そろそろ完売にして欲しい」と連絡がきました。7〜8玉サイズの桃は収穫できましたが、注文受付を継続する事はありませんでした。

そんな状況ですので、6玉というランク設定が可能になりました。
また、7〜8玉という中玉クラスも新たに新設する事が出来ました。

では、なぜ分かりやすいように商品名に贈答用中玉と入れていないか?

それは、贈答用中玉という商品名にした場合に、お届けの伝票にもそう記載されてしまうからです。

大切なお客様のお手元に届いたときに、伝票に記載されている商品名に「中玉」と記載されていたらどうでしょう?よい気持ちにはならないはずです。せっかくのお届け物の価値が半減してしまうと思うのです。

購入する際に分かりにくいとは考えましたが、上記のような理由で中玉という記載はしておりません。


もっと良い方法があったかと思いますが、体調不良もありこれ以上の準備をおこなう事は出来ませんでした。


3kgも5kgも同様の考え方で、大玉と中玉で金額が違います。

2kg箱で6玉いりと8玉入りは全く見た目も大きさも違います。
同じ商品として扱う事にとても大きな違和感を感じていました。
農家さんへの負担も大きくなりましたが、お客様への信頼を上げる為にも必要な事だと思いお願いしました。

早生品種に限っては小ぶりとなりますので、2kg箱で7〜8玉が通常のサイズで、早生品種で6玉入りはとても大きなサイズになろうかと思います。



 

3.完熟ですか?


農家さんが完熟させるまで木につけておく事はないと思います。確かに「完熟」という言葉には消費者を惹きつける魔法のような力がありますね。
しかし、完熟した桃を収穫するところをイメージしてみてください。

農家さんが収穫時に桃を握っただけで、果肉に指が刺さってしまう事でしょう。また、そこまで柔らかくなかったとしても、皮を剥いたときに茶色く変色している事でしょう。

そのように完熟させてしまった桃は、緑色のトレーにいれて完熟用として農協に出されます。
贈答用とは全く別のラインで処理されます。

ですので、弊社の桃は完熟ではありません。
収穫してから2〜3日後が食べ頃になるように、農家さんの目で収穫しています。

 

4.無農薬ですか?


無農薬で栽培する事は不可能ですので、減農薬で栽培しています。肥料も有機肥料を使用し生産しています。皆さんそうしていますので、あえて有機肥料で栽培しています!と説明してはおりませんでした。
 

5.化粧箱で贈って貰えますか?


一昨年までは贈答用はすべて化粧箱でしたが、「桃が美味しければ化粧箱でなくてもいい」という要望を沢山頂いたので、昨年は「実費負担して頂き、化粧箱を選択出来る様にしました」

本年は贈答用プレミアムというランクのみ、化粧箱での対応とさせて頂きました。

しかし、化粧箱での発送をしたいと云う、リピーター様からの要望が多いので、資材屋さんと調整をおこなっている最中です。希望の価格にて調達が可能になりましたら、贈答用大玉クラスのみオプションで選択出来る様に考えております。

 

6.直ぐに発送して貰えますか?


収穫中の果物に関しましては、予約注文の方の発送が完了している場合には、直ぐに発送出来る場合がございます。
収穫前の品種に関しましてはご注文順の発送となりますので、直ぐに発送することはできません。
お急ぎの場合には、ご要望にお応えできない場合がございます。


 

7.最後に


弊社の契約している農家さんは、生産者として良い果実作りに専念しています。
観光ぶどう園・観光桃園を経営したり併設している観光農園さんではありません。(ぶどう狩り・桃狩りなどをおこなっておりません)

直売所を併設したりする余裕もありません。
生産に全てをかけています。

収穫しながらも、次の品種の畑にシルバーシート(反射シート)をしき、除袋作業をおこない、必要最低限の消毒もおこない、箱詰めし、めまぐるしい1日を過ごしています。


時間があれば畑にいます。


そんな農家さん達の果物を扱っています。


弊社から車で5分もかからない場所に農家さんがいます。
遠くの奧山さんでも30分で会いに行けます。


そんな場所で、農家さんの苦労も知った中で、皆さんからの注文を受け付けて
責任を持ってお届けしています。


農家さんの立場にも立ち、お客様の立場にも立ち、
WinWinWinの関係が保てるように努力しています。


手が回らず気が回らず、ご不便をおかけする事もあるかと思いますが、
温かい目で応援して頂けるとありがたいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
宜しくお願いいたします。

早生品種が完売となりました。

お知らせ一覧